日本人の成人80%がかかっていると言われています

歯周病は、歯肉や骨が細菌によって冒される病気です。歯周病は、早期発見・早期治療が大切です。そのためにも、定期検診をお薦めしています。

歯周病治療

歯は、年をとると自然に抜けてしまうと思ってはいませんか。実は、歯は加齢で抜けるのではありません。歯が抜けてしまう原因の半分以上は、歯周病なのです。

歯周病は、歯肉や歯を支えている歯槽骨が細菌に冒される病気です。歯と歯肉の境目にある歯周ポケットに、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の固まりがつき、周囲の歯肉に炎症を起こすことから始まります。日本人では、成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

早期発見・早期治療が大切
どんな病気でもそうですが、歯周病は特に早期発見・早期治療が重要です。しかし困ったことに、歯周病は深刻な状態になるまで自覚症状がほとんどありません。

そのため当院では、3か月ごとの定期検診をお薦めしています。定期検診でごく初期のうちに対応することが、一番大切です。治療開始時期が遅くなればなるほど、歯肉や歯槽骨のダメージは大きくなり、最悪の場合は歯が抜けてしまうのです。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日