歯周病と全身疾患

歯周病治療歯周病は、お口の中だけで終わる病気ではありません。最近の研究では、全身疾患とも深く関係していることがわかってきています。

歯周病の細菌は、炎症を起こした歯肉から体内に入り込み、ときには血管に入り込んで全身に運ばれてしまいます。するとさまざまな全身疾患を引き起こしたり、持病を悪化させたりといった事態を引き起こすのです。

歯周病と狭心症・心筋梗塞
歯周病の細菌が血管内に入り込むと、その刺激によって血管内にプラークと呼ばれる沈殿物の塊ができることがあります。そして起こるのが動脈硬化です。心臓の筋肉に血液を送る血管で動脈硬化が起きると、狭心症や心筋梗塞になってしまいます。

また、プラークは血管壁から剥がれて全身に運ばれ、血管の細いところで詰まることもあります。それが脳の血管で起こると脳梗塞を発症します。健康な人と歯周病にかかっている人を比べると、歯周病患者のほうが脳塞栓になるリスクが約3倍も高いと言われています。

歯周病と糖尿病
以前から、糖尿病の人は歯周病にかかってしまうリスクが高いと言われていました。さらに近年では、逆に、歯周病にかかると糖尿病が悪化するという報告もあります。つまり歯周病と糖尿病は、お互いに悪影響を及ぼしあう関係なのです。

歯周病と肺炎
肺や気管に唾液や食べ物などの異物が入ると、普通は咳をすることで吐き出します。しかし高齢になると咳をする力が衰えるので、唾液や食べ物と一緒に入ってきた歯周病の細菌が、うまく吐き出せずに肺にまで入ってしまうことがあります。こうして起こるのが誤嚥性肺炎です。

高齢者にとって、肺炎は死亡原因ともなる恐ろしい病気です。そのため、高齢者医療施設などでも、お口の中の健康管理が重視されています。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日