虫歯治療(一般歯科)

患者さんの負担を減らして気負わず気軽にご来院いただけるよう、痛みの少ない治療、なるべく歯を抜かない治療を行っております。

虫歯治療

虫歯は、お口の中に棲む細菌によって歯が溶かされてしまう病気です。一度虫歯になってしまうと、自然に治ることはありません。細菌に汚染された部分を削り取り、詰め物や被せ物をすることが、唯一の治療法となります。

初期の虫歯ならすぐに治すことができますが、放置しておくと虫歯はどんどん進行していきます。やがては神経や歯の根までが冒され、最終的には抜歯しなければならなくなってしまいます。ですから、虫歯は何よりも早期発見・早期治療が大切なのです。

天然の歯に勝るものはありません
歯がなくなってしまった場合、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで補うことは可能です。でも、入れ歯はどうしても天然の歯より噛む力が弱くなります。ブリッジを入れるには健康な歯を削らなければなりませんし、インプラントは手術が必要です。

そういった患者さんへの負担を考えても、天然の歯に勝るものはありません。天然の歯をできるだけ健康な状態で残すため、気になることがあったら、なるべく早く当院を訪れてほしいと願っています。

そして当院としても、患者さんに安心して訪れていただけるよう、痛みの少ない治療、なるべく削らない治療を行っております。私たちは、患者さんの天然の歯を大事に残すため、守るためのお手伝いをいたします。

虫歯の進行と治療

虫歯の進行度はCo~C4で表されます。

CoCo
初期の虫歯です
【治療】この段階できちんと手入れをすれば、虫歯が進行せずに済みます。

C1C1
浅い虫歯。痛みはほとんど感じません。
【治療】虫歯を削って修復材をつめるか、フッ化ジアミン銀による進行防止という簡単な治療で済みます。

C2C2
進行し、象牙質まで達したもの。冷たいものがしみるようになります。
【治療】治療はC1とほぼ同じですが、深いものは歯髄を保護する処置が必要となります。また穴が大きくなっているものでは型を採って金属などの詰め物(インレー)などを作り、装着します。

C3C3
歯髄まで達したもの。痛みの持続時間が長くなってきます。何もしなくても痛むようになります。更に進行すると歯グキが腫れ、膿が出てきます。
【治療】「根管治療」が必要です。根管治療後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「冠」を装着します。

C4C4
歯冠のほとんどが崩壊したもの。歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。
【治療】さし歯にするのに十分な健全歯質が残っていれば、根管治療を行い、残った根を利用し土台を作りさし歯を装着します。健全な歯質が残り少なかったり、根の先の病巣が非常に大きくなっている場合には「抜歯」になることもあります。

根管治療

根管治療虫歯が歯髄にまで進行してしまった場合、根管治療が必要となります。しかしこの根管部分は、人によって形が違い、また肉眼では見ることができません。そのため、非常に難しい治療なのです。

リーマーやファイルと呼ばれる専用の器具を使って治療を行いますが、少しでも汚染された部分が残っていると、被せ物の下で再び虫歯が進行してしまいます。根管治療は、細菌からの汚染をどうやって防ぐかがポイント、と言ってもよいでしょう。

さまざまな感染対策
根管治療を行う際、治療している部分に唾液などがつくと、そこから新たな細菌感染を引き起こしてしまうことがあります。そのため当院では、ラバーダムというゴム製のマスクを使っています。治療する歯以外の部分をラバーダムで覆うことで、新たな細菌感染を防ぎ、根管治療の成功率を上げることができます。

そのほかにも、治療に使う器具はすべて滅菌消毒します。患者さんが使うコップやエプロンなどは、すべて使い捨てにしています。どうか安心して治療に臨んでください。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日