小児歯科

お子さんの治療は、まず歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことから始めます。歯を大切にしようという意識を育むことを心がけています。

小児歯科

お子さんにとって、歯は健やかな成長を支える大切なパーツです。「まだ乳歯だから大丈夫」と虫歯を放っておくと、後に生えてくる永久歯にも影響を与えてしまうことがあります。

虫歯などの予防のためにも、お子さんにはできるだけ歯科医院に親しみを持ってほしいと思っています。そのため当院では、リラックスして歯科治療を受けるためのさまざまなトレーニングを実施しています。まず、歯科医院の雰囲気や治療台に慣れていただくところからスタートしています。

治療内容をきちんと説明
歯科治療と言っても、これから何をされるのかがわからなければ、大人でも恐怖を感じるものです。お子さんに恐怖心を感じさせないために、治療前には「何のために、どんなことをするのか」をきちんと説明します。治療中にも「あとこのくらい頑張って」といった声をかけ、先が見えるような形で励ましています。

治療内容によっては無理な場合もありますが、基本的に保護者の方もお子さんと一緒に診察室にお入りいただきます。その場合でも、お子さんへの治療の説明を行っています。

歯を大切にする意識を育む小児歯科
当院ではなるべく痛みを感じない治療を行っておりますが、場合によってどうしても痛みを感じてしまうときがあります。しかし、全身麻酔でお子さんを眠らせての治療は行っていません。なぜなら、全身麻酔では治療過程がお子さんの記憶に残らないからです。

頑張って治療を受けたという経験は、お子さんの自信につながります。すると、歯科医院に対する苦手意識も克服できますし、歯を大切にしようという意識も生まれてきます。将来にわたって歯を大切にしてもらうためにも、歯科医院での治療に慣れていただくことは必要だと考えています。

乳幼児期の虫歯予防

小児歯科乳歯は永久歯よりも柔らかいので、虫歯にもなりやすくなっています。お子さんの大切な歯を虫歯にしないためにも、毎日の生活から気をつけたいものです。当院ではお子さんの虫歯をなくすため、さまざまな予防治療やアドバイスを行っています。

たとえば、食事時間以外におやつをずっと食べ続けてしまう「だらだら食べ」は、虫歯を増やしてしまう原因の1つです。そういった場合、ただ「だらだら食べをやめましょう」と言うだけでなく、食事内容から見直すようなアドバイスをしています。

お口の中の状態や歯の汚れのつきかたを見て、一人ひとりのお子さんの発育に合わせた予防治療やアドバイスを行います。何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

小児歯科の予防メニュー

ブラッシング指導小児歯科
当院では、お子さまの歯並びに合わせて、一人ひとりに合ったブラッシング指導を行っています。ただ磨き方を教えるだけでなく、なぜ歯を磨かなければならないのか、磨かないとどうなってしまうのか、といったことを説明します。お子さんができるだけ楽しく、自分から歯をきちんと磨きたいと思うように配慮しています。

フッ素塗布小児歯科
お口の中では常に、歯からミネラルが溶け出す脱灰と、唾液に含まれているミネラルが歯に定着する再石灰化が行われています。このバランスが細菌の作り出す酸によって崩れてしまうと、虫歯になってしまうのです。

フッ素には、歯の再石灰化を助け、歯の質を強くする働きがあります。そのためお子さまには、歯にフッ素を塗る虫歯予防治療を行っております。

シーラント小児歯科
奥歯の表面には、複雑な溝が刻まれています。そのため大変汚れが溜まりやすく、また歯ブラシが届きにくいこともあって、虫歯になりやすくなっています。その溝を樹脂の膜で埋めてしまうのが、シーラントと呼ばれる予防治療です。

樹脂の膜はごく薄いので、お口の中に違和感を覚えることはありません。また、食べ物が噛みにくくなるといったこともありません。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日