根管治療

根管治療虫歯が歯髄にまで進行してしまった場合、根管治療が必要となります。しかしこの根管部分は、人によって形が違い、また肉眼では見ることができません。そのため、非常に難しい治療なのです。

リーマーやファイルと呼ばれる専用の器具を使って治療を行いますが、少しでも汚染された部分が残っていると、被せ物の下で再び虫歯が進行してしまいます。根管治療は、細菌からの汚染をどうやって防ぐかがポイント、と言ってもよいでしょう。

さまざまな感染対策
根管治療を行う際、治療している部分に唾液などがつくと、そこから新たな細菌感染を引き起こしてしまうことがあります。そのため当院では、ラバーダムというゴム製のマスクを使っています。治療する歯以外の部分をラバーダムで覆うことで、新たな細菌感染を防ぎ、根管治療の成功率を上げることができます。

そのほかにも、治療に使う器具はすべて滅菌消毒します。患者さんが使うコップやエプロンなどは、すべて使い捨てにしています。どうか安心して治療に臨んでください。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日