虫歯の進行と治療

虫歯の進行度はCo~C4で表されます。

CoCo
初期の虫歯です
【治療】この段階できちんと手入れをすれば、虫歯が進行せずに済みます。

C1C1
浅い虫歯。痛みはほとんど感じません。
【治療】虫歯を削って修復材をつめるか、フッ化ジアミン銀による進行防止という簡単な治療で済みます。

C2C2
進行し、象牙質まで達したもの。冷たいものがしみるようになります。
【治療】治療はC1とほぼ同じですが、深いものは歯髄を保護する処置が必要となります。また穴が大きくなっているものでは型を採って金属などの詰め物(インレー)などを作り、装着します。

C3C3
歯髄まで達したもの。痛みの持続時間が長くなってきます。何もしなくても痛むようになります。更に進行すると歯グキが腫れ、膿が出てきます。
【治療】「根管治療」が必要です。根管治療後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「冠」を装着します。

C4C4
歯冠のほとんどが崩壊したもの。歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。
【治療】さし歯にするのに十分な健全歯質が残っていれば、根管治療を行い、残った根を利用し土台を作りさし歯を装着します。健全な歯質が残り少なかったり、根の先の病巣が非常に大きくなっている場合には「抜歯」になることもあります。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日