当院の小児矯正で使用する主な矯正装置

一口に矯正装置と言っても、さまざまなタイプがあります。当院ではお子さんの歯並びや成長を見極めて、最適な矯正装置をご提案しています。そのうちの一部をご紹介しましょう。

小児矯正では、歯並びそのものを整えるより、あごなどの成長を促す装置が中心となります。まず、すべての歯が並びきるスペースを作ってから、改めて成人矯正と同じ歯並びを整えるための矯正装置を使います。

●ムーシールド 矯正装置
マウスピース型の矯正装置で、就寝時に使用します。ムーシールドをお口にくわえて寝ることで、噛むための筋肉の成長を促し、噛み合わせを整えます。本格的な矯正を始める前の予備矯正で、よく利用されています。

●床矯正矯正装置
あごが小さく、すべての歯が並びきらない場合に行う治療法です。あごの骨を矯正装置で拡大していくことで、歯を抜かずに矯正することができます。矯正装置は自分で取り外しができるので、歯磨きがしっかりでき、さらに食事中に装置を外せるのも利点です。

●急速拡大装置矯正装置
上あごの歯列の横幅を広げるために使われる、固定式の矯正装置です。その名前からもわかるとおり、急速に拡大するので、ガタガタが非常に強い場合に行う治療法です。

●ヘッドギア矯正装置
主に、上あごの前歯を後退させるために使われる矯正装置です。取り外しが可能ですが、1日10時間程度はつけている必要があります。そのため、就寝時などに使用します。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日