親知らずの抜歯

親知らずは、生え方などの状況によって、抜歯した方がよいケースが多々あります。そういった場合、当院ではなるべく安全に抜歯できるよう、CTなどの設備を整えています。

親知らずの抜歯

親知らずとは、歯列の中心となる前歯から数えて8番目にある歯です。歯科診療の世界では、第三大臼歯と呼ばれています。

親知らずはほかの永久歯と違って、大体20歳前後にならなければ生えてきません。中には最初から親知らずがない人、あっても死ぬまで生えない人もいます。同じお口の中にあっても、親知らずはほかの歯とちょっと違った特殊な歯なのです。

親知らずを抜歯する理由親知らずの抜歯
親知らずは、歯ブラシが届きにくいお口の一番奥にあります。そのため虫歯や歯周病にかかるリスクも、ほかの歯に比べて大きいと言えます。また、虫歯や歯周病になってしまったときの治療も難しく、再発もしやすくなっています。

お口の中の健康を守るためには、親知らずを治療して保存するよりも、抜歯してしまったほうがほかの歯への影響が少なくなることもあります。そのため、親知らずが虫歯や歯周病にかかったら、治療せずに抜歯するという方針をとっている歯科医院も多く見られます。

また、お口の中に親知らずが生えるだけのスペースがない場合、親知らずが横向きに生えてしまうというケースもよく見られます。この場合、親知らずはお口の中の健康を害する存在にしかなりません。そのため、抜歯する必要があります。

親知らずがあることのメリット
親知らずを抜かずにとっておくと、将来的に歯が抜けてしまったときに、ブリッジや入れ歯の土台、移植などに使えることがあります。ただし、親知らずを有効利用できるケースはごく僅かです。またブリッジや入れ歯の土台として使う場合も、メンテナンスが難しいのであまりお薦めできません。

お問い合わせ、ご相談はこちら メールでのお問い合わせ 今月の無料矯正相談日